士業のシゴト:税理士や弁護士に依頼できること

遺言をつくる

司法書士に相談すると遺言書のことを教えてもらうことができます

司法書士は、街の法律家とも呼ばれることがある法律の専門家です。
弁護士に比べると取り扱うことができる業務内容が多少狭くなっているものの、法律に関する知識量では弁護士に決して引けを取りません。
弁護士には何となく敷居の高さを感じてしまうという人でも、司法書士であれば気軽に利用することができます。
街の法律家と呼ばれているだけあって、個人向けの法律サービスを充実させている司法書士が多いのですが、遺言作成サポートサービスは特に好評を得ています。
一口に遺言書と言っても、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
そのような種類の遺言書があることすら知らない人がほとんどですが、司法書士の遺言作成サポートサービスを利用すれば、遺言書のことを一から教えてもらうことができます。

公正証書遺言を作成する人が多くなってきています

最近、司法書士の遺言作成サポートを利用して、公正証書遺言を作成する人が多くなってきています。
公正証書遺言というのは、公証役場へ足を運んで、公証人に作成してもらう遺言書のことです。
遺言書の写しが半永久的に公証役場に保管されることになりますので、遺言書の紛失や改ざんを心配する必要がなくなります。
また、自筆証書遺言とは異なり、家庭裁判所の検認を受ける必要がありませんので、相続人の負担を軽減してやることもできます。
そのため、公正証書遺言を作成したいと希望する人が増えてきているのですが、公証役場を利用する手続きであるため、専門家のサポートを受けるようにした方が安心です。
そんな時に重宝することができるのが、司法書士の遺言作成サポートサービスです。
リーズナブルな料金で遺言作成を手伝ってもらうことができますので、おすすめすることができます。